転職を考えている保育士のためにさまざま情報を発信している保育士専門サイト

保育士転職 総合

★転職したい保育士さんへ!保育のプロに良い保育園の選び方を聞いてみた

転職を考えている保育士のみなさまこんにちは!

転職を考えている保育士のためにさまざま情報を発信している保育士専門サイトです!

保育士のみなさん、転職でお困りではないでしょうか?

転職といってもたくさんの求人サイトから、1つの保育園を選ぶのってなにかと大変な作業ではないでしょうか?

保育園といっても、保育園の種類もたくさんありますよね。

例えば、認可保育園、日認可保育園、病児保育園などなど…。

まずどんな保育施設を選んだらいいのか、選び方が分からない!なんてことはないでしょうか。

例えば宗教法人園や株式会社の法人園など運営する母体によっても組織内容にかなりの違いがあって、なかなか自分に合っている保育施設を見つけるのは難しいですよね。

(保育施設別特徴はこちら:保育士資格や幼稚園教諭免許が生かせる就職先とは。選び方や保育園以外の選択肢

結局どこがいい保育園なのか、どこが悪い保育園なのかさっぱりわからない!

そんな転職をお考えの保育士さんに、転職先の選び方、良い保育園と悪い保育園の見定めるポイントを紹介していきたいと思います♪

実際に現役の保育士転職にプロに聞いてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【保育士転職】どんな保育園で働きたい?優先順位を明確に選び方で迷わない★

転職したい保育士さん必見保育園の選び方①

まず人それぞれ、保育施設や『良い 』『悪い』に違いはあると思います。

その中でどんな条件でどんな保育環境で仕事したいかによって『良い』『悪い』の基準が変わり、選び方も変わってきます。

そこで重要なのが自分の理想の保育士とは?やりたい保育とはなにか?

『優先順位』を明確にして自分にとって良い保育園を絞っていきましょう★

転職に失敗しないためにもここは妥協せず、慎重に決めていきましょう!

【保育士の転職先の選び方】お給料が高い保育園を選ぶ

保育士の転職先の選び方

そもそも保育士の資格を取るにも、時間とお金がかかっていますよね。

奨学金を借りて短大または大学にかよって資格を取った方がほとんどだと思います。要するに保育士の資格を取るのも簡単なことではないのです。

時間とお金に投資した分に似合う給料を貰いたいのが本音ですよね。

最近の保育土の中には、低賃金で生活にも支障がでてしまっているのが現状で、実際に知り合いの保育土も給料が割りにあっていないし転職したいと愚痴をこぼしています。。。

お給料を重視される方にオススメな保育園の選び方は、社会福祉法人や株式会社法人が運営母体の保育園。

社会福祉法人は賞与がなんと4ヶ月分支給されたり、株式会社法人では福利厚生が充実している保育園が多く、旅行の割引やシングルマザー手当が支給される保育園もあるんです★


また、あまり聞きなれないかもしれないですが夜間の保育(深夜保育)は給料が割り高に設定されているところが多く、お給料の高さを優先的に考えている人ならオススメかもしれません!

夜間保育士を転職先に選ぶと労働時間は18~22時の間。

しかし近年では家庭環境が複雑になってきていて、24時間体制の保育園もあるそうです。夜が強い方にオススメですね!

保育士といったら日中働くイメージが強いですが、夜の保育もあるなんてなんか新鮮ですね。

お給料重視の保育士さんは運営元や夜間保育士など、こんな選び方をしてみてくださいね。

【保育士の転職先の選び方】残業、持ち帰り残業が少ない保育園を選ぶ

老朽しの転職先の選び方とは??

保育士さんは何かと体力が必要なお仕事ですよね。

昼間は園児達と駆け回って、運動会やお遊戯会では準備や小物の作成。


また、残業、お持ち帰り残業、休日出勤が多くに思った以上に体力を消費してしまいます。

そのせい少ない休みでも体を休めるために家で休養したりプライベートとうまく両立出来ていない保育士さんもいるようです。

そんな仕事とプライベートを上手く両立させて充実した保育生活を送りたい方に
オススメな転職先の選び方が小規模保育園を選ぶということ!


小規模保育園は見る子どもの数が少なく、ひとりひとりにちゃんと目を向けることも出来ますし、行事も本格的と言うよりかはアットホームに小さい規模で楽しむことが多いのです。

園児が少ないぶん、仕事への負担も自然に少なくなり
プライベートと両立するのに向いている環境で働くことが出来るのではないでしょうか!

保育園の選び方次第で自分の時間を作作ることだって可能なんです。

残業や持ち帰りの仕事は少なめに、自身のプライベートは絶対に確保したい!という保育士さんはこんな選び方をしてみてはいかがでしょうか?

【保育士の転職先の選び方】福利厚生が充実している保育園を選ぶ

職場を決めるにあたり絶対に確認し、重要なのが福利厚生ですよね。

選び方を間違え福利厚生が整ってないところだとあとあと自分にとってデメリットになり、働きにくい職場になってしまいますよね。

厚生年金・社会保険や交通費は最低限として、産休や育休制度が整っている保育園では長く働けますし、安心して自身のプライベートにも集中出来ますよね。

保育士は福利厚生が一般企業と比べると少ないですが、その中でも福利厚生を重視する方にオススメする転職先の選び方、それは株式会社法人運営の保育園を選ぶことです!

株式会社法人運営の保育園の良いところは他の園と比べると一般の会社同様の福利厚生の待遇があるところが多いようです。

なので例えばですが社員旅行や生理休暇や誕生日休暇、資格取得手当、住宅手当などなど、さまざまな手当があります。

ぜひお給料以外で得したい!という方は、こういった福利厚生が抜群な保育施設を選んで見るのはいかがでしょうか?

どうせ同じ保育士として働くなら得する保育園がいいですよね♪

【保育士の転職先の選び方】人間関係に疲れた。保育園の環境を重視して選ぶ

保育士の転職先を探す際の選び方

保育士に関わらず、どこの職場でもそうですが人間関係って大切ですよね。

保育士となると上下関係や保護者との人間付き合いなどなど、、、

なにかと保育士は他の仕事と比べて人間関係が大変なイメージはないですか?

就職してみたけど人間関係がうまく行かなくてやめてしまう保育士さんも結構いるようです。

子供が好きで保育士になったのに人間関係が上手くいかないのを理由にやめたくない。

しかし保育士転職の前に職場の人間関係を見極めるのは難しく、実際に園見学に訪れたり、直接園で働いている人に直接話を聞くのが一番間違いない方法だと思います。


ぜひ園見学に行ったときに試して欲しいのが、その保育施設で働く勤続年数を聞いてみること!

長く働いている保育士が多いということは、それだけその保育園が働きやすいことを指しています。

保育士の離職率が他の仕事と比べても高くなっておりますがその中での長期勤務している保育士が多いということはそれほど働きやすい環境が整っている証明になります。

女性が多い保育園では産休や子供のお世話をするために産休や長期やすみを

とる方が多い傾向にあります。その後また同じ保育園に戻ってくる人が

いる保育園はプラスに安心できますね。本当に嫌な保育園だったら戻ってきませんからね。

逆にベテランだけの職場でもやりずらいですよね。。。(笑)

そんなときは目安として3年〜ほどで見極めてみましょう!

(引用:保育士さん向け~失敗しない求人の選び方~

【保育士転職】園見学で良い園、悪い園の選び方

転職したい保育士さん必見保育園の選び方②

【保育士の転職先の選び方】保育士による転職先の選び方☆きちんと挨拶ができる保育園

働くものとして当たり前ですが、園見学に行った際にしっかりと確認して欲しいポイントが、職員が挨拶できるか、礼儀がただしく愛想が良いか。

保育園の園見学や面接で確認できる簡単なことですね。

挨拶ができない人の特徴として、自己中心、集団生活に向いていない、仕事でコミュニュニケーションが取れないか可能性がある人や自分に自信がなさすぎる人などの傾向があります。

実際に挨拶ができない保育士が多い職場だとなにかと人間関係に問題があり、人間関係が原因で退職、転職する保育土が多いのは実際にあることです。

転職後、人間関係で失敗しないように事前にしっかりと確認して失敗しない保育園選びをしましょう!!

相手もこちらの態度を確認していますがこちらも職員の対応や挨拶に目を光らせて確認しましょう。

職員がしっかりしていない保育園はその程度なのでしょう。まず第一にこちらをチェックしてみてくださいね。

【保育士の転職先の選び方】職員の人数や勤続年数離職率などの確認は必ずチェック!

転職したい保育士さん必見保育園の選び方②

次に保育園を選ぶポイントとして確認してほしいのは「職員の人数」「勤続年数」「離職率」などを確認してほしいです。

また、園児の数に対して職員が少ない保育園は少し注意が必要です。

逆に、「保育補助スタッフを何人か雇っている保育園は人員不足を解消するために対策をしている保育園だと言える」そう。

単純に考えて職員不足の保育園は離職、退職率が多いということになり、そのような保育土が多いということは何かしらの問題があるのは間違い無いでしょう。

また、可能であれば見学の時にでも園長先生にでも保育補助も含めて保育園の職員の人数を確認しておくと良いでしょう!

離職率や平均勤続年数などの事前に知ることが可能な情報は事前に確かめて転職に臨みましょう。

誰に相談したらいいのか分からなかったら保育士の転職コンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

保育士転職のプロフェッショナルに聞けば助けになってくれますよ!

事前にこれだけの情報を知っていたら自分にあっている保育所を決めやすいですしブラックな保育所を選ぶ確率も減らすことが出来るでしょう。


また保育士の年齢比率も注意が必要。

若い職員が多すぎる保育園は人件費をあえて抑えるために若手保育士を優遇している!という保育園もありますし、逆にベテラン保育士が多い保育園では若い保育士が馴染めずにすぐに離職してしまうこともあるんだとか。

ぜひこの観点でも保育園を事前に調べてみてくださいね。

失敗しない保育士転職をするには重要な選び方のポイントなので注意して確認しましょう!

【保育士の転職先の選び方】保育方針は確認した?園の方針はさまざま!

保育士転職の選び方

保育園の方針は各園によって違いますよね。

方針の違いでその保育園の雰囲気や評判をガラリと変えてしまい、保育方針の相違で退職してしまう保育士さんもたくさんいます。

園の核のような保育方針は保育園のホームページや求人サイトでも確認できるので事前に調べておきましょう。

保育園の経営方針をしって上で共感ができたら是非、園見学に参加して自分の目で確認してみましょう。

とにかく外で思いっきり遊ぶ“お遊び重視の園”、小学校入学や受験に向けて対応する“お勉強重視の園”、裸・裸足を推進する“健康重視の園”、など多種多様です。

また、宗教観による教育を行っている園(キリスト教・仏教・神道など)は細かな部分でその宗教のカラーが色濃く表れるでしょう。

(引用:保育士や幼稚園教諭の就職先の選び方について

【保育士の転職先の選び方】保育園内は清潔か・掃除が行き届いているか

保育士の転職先を選ぶときの選び方

あいさつ同様で清掃がいきとどいているかを確認しましょう。

子供相手にする保育士の仕事場で清潔感がないようではまずいですよね。

また、おもちゃが壊れていないかや設備が清掃されているかもしっかり確認しましょう。

他にもトイレや給湯室、保育中の子どもの様子なども見学させてもらってみてくださいね。

他にも子供たちが遊ぶグランドや遊具も見て確認しましょう。
なにか不具合がないか?防犯の設備は整っているか、子供に安全な施設は整ってるのか
に注目して見学しましょう。

きれいで新しい設備がそろっているというだけで安心してはいけません。特に、長らく運営している認可保育園の設備は、県または市町村の予算によって導入が決まりますので、使用している設備や機器に関しては古いものを大切に使っているということは良くあります。

まとめると大事なのは保育園のメンテナンスがいきとどいていて、清潔な環境と
子供の必要なもが整っているかが重要です。とくに清掃面は確認しましょう。
子供に不衛生な環境で育て教育するのは成長が早い子供には悪影響を与えてし
しまう可能性が大いにあります。綺麗に保育園が保てれているかなどの
衛生面をきにしてチェックしてみましょう。

(引用:保育園の選び方で大事な4項目! 見学・決定のチェック方法とは?

【保育士の転職先の選び方 番外編】求人広告の記載には気をつけて!

転職したい保育士さん必見保育園の選び方③

転職するさいにどのように転職先を探しますか?

ほとんどの人が一度はネットで調べ探すと思います。

よく保育士転職サイトなどで見る求人広告。

しかし、ネットの情報を簡単に信じてしまうのはオススメできません!

例えばですが、こんな点に注意してみてください!

  • 月収「例」という記載
    あくまでこれは一例です。「残業含め、相当な時間働いた場合」の月収ということはよくあります。
  • 「勤務時間 9:00~18:00」このような記載には、日常的な残業時間は含まれていないことも多いようです。

このように、広告で言っていることと実際が異なるというトラブルはどの業界でも大変多いものです。面接時などにしっかり確認するようにしましょう。

また視点を変えて見てください。
同じ園からたくさんの求人が出ていると園は人で不足で早急に職員が欲しいとも
読み取れますので良さそうな求人がでていいるからといって鵜呑みにせずに
慎重に見極める必要があるので要注意です!

(引用:保育士が「働きやすい」職場とは?選び方は?保育士の転職のプロが徹底解説!

保育士転職は是非自分にあった保育園を選んで下さいね!

転職したい保育士さん必見保育園の選び方②

転職したら思っていた保育園と違かった。。。

そんなことにならないように、まずはしっかりと園について調べてたくさんの情報を手に入れましょう!

後悔しない保育士の転職をするためにみなさんいたくさんの情報を共有できていたら良いなと思います。

こちらのサイトでも保育士の保育園の選び方を解説しています。

ぜひチェックして参考にしてみてくださいね。

保育士の職場選び|保育ナビ
保育士や幼稚園教諭の就職先の選び方について
転職の際に重視するポイントは?現役保育士に聞いた職場の選び方

おすすめ外部リンク

関連記事

  • 保育士転職サイト保育のお仕事を評価してみました。転職したい保育士さん集合です!

    転職を考えている保育士のみなさんこんにちわ!お元気ですか? 転職を考えている保育士のためにさまざま情報を発信し […]

  • 人気保育士転職サイトを評価してみたシリーズ☆保育士畑を徹底リサーチしてみました♪

    転職活動中の保育士の皆様こんにちは。 転職で悩める保育士のためにさまざま情報を発信している保育士専門サイトです […]

  • カテゴリ一覧